足の爪が食い込む理由とは?

足の爪が丸くなる巻き爪や皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)改善方法を知る前に何故、足の爪が食い込むのか、その理由を知る必要があります。爪の変形で多いのが巻き爪、陥入爪があります。

先ず、巻き爪は爪が丸くなる事なんですが、その理由は足の爪は何もしないと丸くなる傾向があります。寝たきりの人のように足の爪に圧力がかからなくなると爪が丸くなりやすいのです。ハイヒールのような先が狭い靴を履くと両側から圧力がかかり爪が変形しやすくなるのです。巻き爪の改善・予防方法とは足の指の部分が広い靴を履き、歩いたり、立っている時に常に足の指に力を入れる事です。足の指に圧力をかける事で足の指の爪が平らな形で伸びるのです。
Barefoot-Scienceは土踏まずに山ように盛り上がってる部分があり、歩く時に足の指に力が入るようになりますのでアーチの運動をしながら巻き爪の予防をしましょう。

皮膚に食い込む陥入爪はハイヒールのような先が狭い靴を履いたり、爪を短く切りすぎると起こりやすくなります。爪を切る際には短すぎない、丸く切らない、ように気をつけましょう。爪の先は一直線で爪の長さは少なくとも約1ミリ残るくらいが理想的です。

● アーチを作る・支える・鍛えるBarefoot Scienceインソール 楽天市場へ移動


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です